信用情報ってなに

お金を貸すには相手の信用が大切です。

これは個人間のお金の貸し借りでも同じです。

過去にお金を貸したのに、そのお金を返さず、さらにお金を借りようとする人は信用がないと言えるのではないでしょうか。

この信用を確認するために過去の金融機関への利用実績を記録したものが、信用情報機関に記録されている信用情報です。

信用情報機関に、過去金融機関を利用した人の情報を記録しておくことで、公正な審査のもとに融資が受けられますし、金融機関も安心して融資をすることができます。

お金を借りるとどんなことが記録されるの

信用情報には何が記録されているかが気になるところですが、ここには過去にローンやクレジットカードを利用した情報が記録されます。

契約内容や利用実績、延滞や債務整理をしたのかなど、様々な情報が記録されます。

また、その情報の中には個人情報も含まれます。

氏名や年齢、住所や勤務先などの個人情報も含まれます。

このように、金融機関は申し込みを受けるとこの情報を確認し、申込者が信用できる人なのかをこの情報によって判断することになります。

信用情報は自分でも確認できますか?

金融機関からお金を借りるとその事実を信用情報機関に記録されることになります。

そのため、新たに他社に申し込みをするときには、自分の信用情報が気になるという人もいるのではないでしょうか。

実は、この信用情報は金融機関だけでなく、自分でも確認することができます。

信用情報機関は3機関あり、それぞれで確認方法は違いますが、機関によってはネットで手軽に確認することもできます。

自分の信用情報が気になるという人は、申し込みをする前に自分の信用情報を確認してみてはいかがでしょうか。

信用情報はそのほかのローンにも影響する?

金融機関はローンの申し込みを受ければ、この信用情報を確認してその人の信用度合いを確認します。

そのため、この信用情報にマイナス情報が記録されると、住宅ローンや車のローンに影響するのではないかと気になります。

住宅ローンや車のローンの申し込みをすれば、当然信用情報を確認されます。

そのため、キャッシングやカードローンを利用して延滞や債務整理をすればマイナス情報が記録され、住宅ローンや車のローンの審査にも影響することになります。

□杉山事務所って実際どう?対応・期間・費用・結果みんなの口コミ・評判 | 過払い金請求の達人
□http://xn--tckuesd345lx0d64ah5cr95apkmgim937g.com/

杉山事務所でのご相談はこちらのサイトがおすすめ!



エントリー一覧